希望のダイヤル

希望のダイヤル / 0797-77-3746

電話で約3分間のテレフォンメッセージを聞くことができます。
同じ内容のものをこちらのページに記載しています。
24時間いつでも電話一本で聞くことができますので、ご家族ご友人にもぜひ紹介ください。

※毎週土曜日夜に更新されます。

2022.08.06

嵐を静めてくださるキリスト

マルコ4:35ー41

こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。

ここ数日の天気の急変ぶりには驚かされます。予想外の大雨が突然降り出し、ずぶ濡れになってしまったり、洗濯物が残念なことになってしまったという方もおられるのではないでしょうか。

天気の急変に翻弄されたのは私たちだけではありません。聖書にこのような記事が収められています。イエス様と弟子たちが、舟で湖の向こう岸へ渡ろうとされたときのことでした。突然、激しい突風が起こって、湖が嵐になりました。容赦無く入り込んでくる水で、舟は瞬く間にいっぱいになってしまいました。弟子たちは半ばパニックになりながら、イエス様に助けを求めました。イエス様は、すぐに立ち上がり、湖に向かって「黙れ、静まれ」と一喝されました。すると、途端に風は止み、あれほど荒れ狂っていた湖はすっかり凪になったのです。そして、呆然とする弟子たちに向かって、イエス様はこうおっしゃいました、「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか」。

私たちも、嵐の中を沈みかける舟のような存在です。嵐と言っても、仕事や家庭でのトラブル云々のことではありません。私たちの魂についてのことです。私たちの魂は、神様から遠く離れ、罪のために、滅びが定められています。まさに、転覆しかかっている舟のようです。しかし、私たちのもとに、神様からイエス・キリストが遣わされました。イエス様は、十字架にかかって死に、死を打ち破ってよみがえってくださいました。この十字架とよみがえりを信じる者は誰でも、罪の赦しと滅びからの救いをいただくことができます。

この救いをいただいた者は、ちょうどイエス様が乗ってくださっている舟のようなものです。救いをいただいた後も、嵐は私たちを襲います。神様から目をそらせよう、信仰を捨てさせようという嵐です。しかし、私たちがイエス様に助けを求めるなら、イエス様は、すぐに立ち上がり、嵐を静めてくださいます。「どうして怖がるのですか。まだ信仰がないのですか」というイエス様の言葉は、“私が舟の中にいるのだから、怖がる必要などないではないか、こういうときこそ、信仰を働かすべきときなのだよ”という意味だったのです。

イエス様は嵐を静めてくださるお方です。私たちも、イエス様の救いをいただいて、イエス様に舟に乗っていただきましょう。そして、信仰によって、イエス様に嵐を静めていただきましょう。

教会では、新型コロナウイルス感染防止に努めながら、毎週日曜日9時半からと11時から、礼拝を行っています。あなたのおいでをお待ちしています。

 

「希望のダイヤル」はこちらのPodcastでも配信中です。