希望のダイヤル

希望のダイヤル / 0797-77-3746

電話で約3分間のテレフォンメッセージを聞くことができます。
同じ内容のものをこちらのページに記載しています。
24時間いつでも電話一本で聞くことができますので、ご家族ご友人にもぜひ紹介ください。

※毎週土曜日夜に更新されます。

2020.09.19

背負ってくださる主

イザヤ46:4

こんにちは、お元気でいらっしゃいますか。

今年は9月21日が敬老の日。長く人生の旅路をたどってこられたご高齢の方々に、心から敬意を表します。

社会のあらゆる面で高齢化が深刻になってきています。片や少子化で子どもの数が減少し、片や平均寿命の延長で高齢化が進み、日本国民の平均年齢がかなり高くなって来つつあります。

しかし、私たちが、肝に銘じておかなければならないことは、高齢者を邪魔者扱いしてはならないということです。高齢化を心配する陰には、お年寄りを厄介者と見る向きが感じられる場合がよくあるのです。

年を取ることは、聖書では決してマイナスとは見なされていません。むしろ、神様の祝福として描かれています。旧約聖書のイザヤ書46章4節にこうあります。「あなたがたが年をとっても、わたしは同じようにする。あなたがたが白髪になっても、わたしは背負う。わたしはそうしてきたのだ。わたしは運ぶ。背負って救い出す。」

神様は、私たちが年を取っても、変わらない真実な扱いを与えると約束していてくださるのです。

人々はみな年を取っていきます。今はピチピチとした20代の青年であっても、50年もすれば立派な高齢者です。50年は、それほど長い年月ではありません。私はまだ68年しか人生を歩んできていませんが、幼い頃がそれほど昔のようには思えないのです。

人生70年、80年は、あっと言う間に過ぎてしまいます。この短い人生を、どのように生きるかが大切なのです。

真実な神様を知った人の人生はすばらしいと思います。たとえそれほど財産を蓄えられなくても、また名前を残すことが出来なくても、「あなたがたが白髪になっても、わたしは背負う。」と言ってくださる神様に委ねることができるなら、それが何にも勝る宝です。神様は、私たちを愛し、独り子キリストを十字架におかけになり、それによって私たちに、罪からの救いを与えてくださいました。この真実な神様に、最後まで持ち運んでいただきましょう。

新型コロナウイルス感染拡大がなかなか収まらない中で、教会では、感染防止に注意しながら、毎週日曜日午前9時半からと11時から礼拝を行っています。あなたのおいでをお待ちしています。

 

「希望のダイヤル」はこちらのPodcastでも配信中です。