希望のダイヤル

希望のダイヤル / 0797-77-3746

電話で約3分間のテレフォンメッセージを聞くことができます。
同じ内容のものをこちらのページに記載しています。
24時間いつでも電話一本で聞くことができますので、ご家族ご友人にもぜひ紹介ください。

※毎週土曜日夜に更新されます。

2021.10.16

キリストという礎(いしずえ)

イザヤ28:16

こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。

先週、震度5強の地震が関東地方を襲いました。10年前の東日本大震災以来の激しい揺れに、首都圏は一時麻痺状態になりました。改めて、いつどこで大地震が起こっても不思議ではないのだと思い知った次第です。

実際に起こる地震もさることながら、私たちの人生にも私たちを揺るがすものがたくさんあります。人生は何が起こるかわかりません。特に今は、新型コロナウイルスに関するニュースを見聞きするにつけ、そのような思いを強くします。私たちを不安にさせ、恐怖に陥れ、慌てふためかせる要因は、至るところにあるのです。しかし、そのような中にあって、私たちを守り、助け、支えることのできるお方がおられます。イエス・キリストです。

聖書にこのように書かれているところがあります、「それゆえ、神である主はこう言われる。『見よ、わたしはシオンに一つの石を礎として据える。これは試みを経た石、堅く据えられた礎の、尊い要石(かなめいし)。これに信頼する者は慌てふためくことがない』」。「一つの石」とは、イエス・キリストのことを指しています。キリストは、神様から遣わされ、私たちのところに来てくださいました。それは、十字架にかかって死に、死からよみがえってくださるためでした。このキリストの十字架と復活こそ、私たちに開かれた救いの道です。私たちは、神様から離れてしまった存在です。そのままでは、私たちの内側にある罪のために、滅びてしまいます。キリストの十字架と復活によって開かれた道は、そんな私たちを罪と滅びから救い出すための道だったのです。私たちはキリストの十字架と復活を信じることによって、救いをいただくことができます。キリストという礎を据えられるのです。キリストという礎が心に固くありますから、いつもキリストに信頼を寄せ、神様の平安と確信と希望の中を生きていくことができます。どんなことが起こっても、慌てふためくことはありません。

あなたも、キリストの救いをいただき、キリストという礎を据えられた者となりませんか。教会では、10月31日(日)午後3時より、第12回工藤篤子賛美コンサートを無観客で開催します。ライブ配信をしますので、お楽しみにしてください。

 

「希望のダイヤル」はこちらのPodcastでも配信中です。