希望のダイヤル

希望のダイヤル / 0797-77-3746

電話で約3分間のテレフォンメッセージを聞くことができます。
同じ内容のものをこちらのページに記載しています。
24時間いつでも電話一本で聞くことができますので、ご家族ご友人にもぜひ紹介ください。

※毎週土曜日夜に更新されます。

2022.12.03

私たちのための救い主

イザヤ9:6

こんにちは。ご機嫌いかがでしょうか。

いよいよ12月に入りました。世の中はクリスマスムード一色です。賑やかな、また、華やかなクリスマスムードから少しの間離れて、聖書のメッセージに耳を傾けてみましょう。

イエス・キリストのお誕生は、そのはるか昔から旧約聖書に予告されていました。最も有名なものはイザヤ書に記されています。こうあります、「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。主権はその肩にあり、 その名は『不思議な助言者、力ある神、 永遠の父、平和の君』と呼ばれる」。 神のひとりごであられたキリストは、私たちと同じ人の姿となって、この地上に来られました。何のためだったのでしょうか。先ほどの箇所に「私たちのために」とありました。私たちに救いを与え、希望と平安を与えるためでした。

私たちは、神の形に似せて創造され、神様と共に生きる存在でした。しかし、罪が入り、私たちは神様から離れてしまいました。神の形は壊され、私たちは罪のために滅びなくてはならない存在となりました。それでも、私たちが滅びるのを惜しんでくださった神様は、ひとり子キリストを私たちのところに遣わしてくださいました。これがクリスマスです。キリストは、人としてこの地上を歩まれ、十字架にかかって死なれました。当時の指導者たちの手によって殺されたかのようでしたが、実は、私たちのために死なれたのです。私たちを罪の滅びから救い出すためでした。キリストの十字架が私のためだったと信じる者が、その信仰によって罪を赦され、希望と平安を持って生きるためでした。ですから、クリスマスも、十字架の死も、実に私たちのためだったのです。

キリストは私たちのための救い主です。他のあの人のため、悪いことをしたあの人のため、弱くてかわいそうなあの人のため…。確かに、そうです。でも、あなたのための救い主です。私たちひとりひとりがキリストを、この私のための救い主、この私のために生まれてくださり、死んでくださり、救いを与えてくださる救い主だと信じるとき、私たちの中に本当のクリスマスが実現するのです。あなたはいかがでしょうか。キリストを私のための救い主と信じておられるでしょうか。

教会では、12月24日(土)、午後3時よりクリスマス・チェロコンサートを開きます。ベアンテ・ボーマン先生とルリ子・ボーマン先生による、心あたたまる音楽とメッセージのひと時です。入場無料です。ぜひ今からご予定ください。

 

「希望のダイヤル」はこちらのPodcastでも配信中です。