塚栄光教会について

牧師紹介

岩間 洋

1952年9月15日、三重県鈴鹿市にて誕生。
同志社大学在学中、郷里に帰省しているときに初めて教会を訪れ、よくわからなかったが、温かいものを感じて、教会に通うようになり、1973年4月に洗礼を受けてクリスチャンとなる。

1978年3月、京都市内で幼稚園教師をしていた旧姓安部千恵子と結婚。その後鈴鹿市に在住。

三重大学教育学部の養護教員養成課程に通学し、教師の道を目指すも、道が閉ざされ、祈りの中、献身の道が開かれる。
1979年4月17日、長男が誕生した夜、通読していた聖書がエレミヤ書に入り、1章7節より献身の召命を確信。

すると、主は私に仰せられた。『まだ若い、と言うな。わたしがあなたを遣わすどんな所へでも行き、わたしがあなたに命じるすべての事を語れ。』
(エレミヤ1:7)

不思議な神の導きにより、1981年に神戸市・塩屋にある関西聖書神学校に入学、1985年に卒業。宝塚栄光教会に遣わされる。
宝塚は初陣の地、野上4丁目に家を借りて、開拓伝道が始まる。

人もし我に事えんとせば、我に従え。わが居る処に我に事うる者もまた居るべし。人もし我に事うることをせば、我が父これを貴び給わん。
(ヨハネ12:26 文語訳)

現在、妻・2人の息子・1匹の犬と一緒に暮らしている。

岩間 篤知

2011年にウェスレアン・ホーリネス神学院を卒業。宝塚栄光教会の伝道師として奉仕。現在、同教会の伝道師を務める。